fc2ブログ
 

烏(デュラララ!!)

こんにちはこんばんは。
ガーナ代表ベスト8進出おめでとおおおおおお!!!!!
めっちゃテンション上がりました辻斬りです。
今夜はドイツVSイングランドと明け方にアルゼンチンVSメキシコだ!
一回先だってのに物凄いカード!



あ、続きにはデュラララの何だかよくわからないSSです。
一応、ドタチン視点から見た臨也と静雄、みたいな感じ。



+++++++++++++++++++++++++++++















黒を好んで身に着ける友人が居る
好きな色なのかどうか訊いた事は無い
まるで烏のようだと
身軽に歩く黒尽くめの姿を見て思った事が有る
人間を愛していると言い
誰に対しても同じ笑顔を貼り付けた顔で
好きだ愛してると囁いては笑う
随分長い付き合いになるが
あの笑顔が顔に貼り付いたのは何時からだっただろう
もしかすると
初対面の頃からもう
あの笑顔は其処に有ったのかもしれない











聞こえた騒音にふと顔を上げると
何処から外してきたのか
自動販売機が道を横切っていくところだった
運搬されているのではない
空を飛んでいった
MAX重量800kg前後の物体が
まるでボールのように飛んでいく
ああまた何時ものアレか
自動販売機がどうやって空を飛んで
何処目掛けて落ちていくのか
大体想像がつく
今からでもあの場所へ走っていけば
自動販売機の到達地点には奴が居る
何時ものように黒尽くめの服を着た
笑顔を顔に貼り付けた男がいる
自動販売機はそいつ目掛けて投げつけられるのだ
人の手で
案の定立ち止まって眺めていると
自動販売機が飛んだ先に
男が一人走っていく
金髪にサングラス
バーテンダーの服を着た細身の
やはり付き合いの長い友人だ

「…」

声を掛けるのは憚られた
全力で走っているのを見る限り
恐らく自動販売機は避けられて
黒尽くめのアイツは逃げ出したのだろう
そういう時は呼び止めてはいけない
俺は其処まで命知らずじゃない
怒号と共に走っていく姿を見送って
何事も無かったかのように歩き出す
俺の周りも同様に
あっという間に日常を取り戻す
飛んでいく自動販売機も含めて
これがこの街の日常だからだ










直接聞いた事がある
黒尽くめの友人は
バーテン服の友人が嫌いだと言う
最初に聞いたのは
まだお互いが今よりも近くに居て
黒尽くめでもバーテン服でもなかった頃だ
手に入らない
思うようにならない
予測も付かない
そんな存在は嫌いだと
珍しく笑顔を消してアイツが言った
思うようにならないのが人間だろうに
それとコレとは違うらしい
どうにも理解の範疇を超えていて
生返事を返したのを覚えている
そんなに嫌うなら切り捨てれば良い物を
あいつ等は未だにお互い嫌い合い
顔を合わせてはいがみ合い殺し合い
どういうわけだか腐れ縁だ















子供の頃読んだ絵本に
烏の羽根の話がある
白い羽根だった烏は
色とりどりの羽根を羨ましがって
色んな色に自分の羽根を染めていって
最後の最後には
真っ黒になってしまう




なんて愚かな烏の子
あんなに綺麗な白い羽根だったのにね




誰かの色に染まろうとして
最後は黒くなってしまった烏は
それで幸せだったのだろうか
絵本には其処まで描いていなかった











何時も黒尽くめで
烏のような友人は
何の色に染まろうとしたのだろう
その色の中にはきっと
何があろうと染まろうとしなかった
アイツの色があるんじゃないか






尋ねた事は終ぞ無いから
染まろうとしたのかしていないのか
幸せなのかどうなのか
真相は俺にもわからない















++++++++++++++++++++++++++++

≪言い訳≫

一応、ドタチン視点の静臨でした。

烏の話に関しては、嘘をついた罰で白い羽根が黒くなってしまったってのも有るんですけどね。
でも個人的に烏と言うと臨也よりはドタチンのイメージ。




2010年6月27日・辻斬りマリィ
スポンサーサイト



 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
プロフィール

辻斬りマリィ&氷雨カムロ

Author:辻斬りマリィ&氷雨カムロ
Cordyceps(冬虫夏草)は、辻斬りマリィと氷雨カムロによる『絶対可憐チルドレン』と『喰霊』中心腐女子ブログサイトです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード